骨盤調整へのこだわり 1

当店では、骨盤調整にこだわっています。

まずは、簡単に。ざっくりと。

人間の基本姿勢は、立位が基準になっています。これは、足から頭蓋骨までの骨格の関節形状や骨の形状から推測されるものです。

二足歩行をする時、足で地面を下方向に蹴って前方に身体を動かしますが、それと共に地面から上方向に突き上げの衝撃を受けます。

これを、エンジンのクランクシャフトの様に。上下運動を回旋運動にほどよく受け流すのが骨盤の一つの働きです。(もちろん、クランクの様に回旋はしません。あくまでもほどよくです。)

骨盤 クランク.png

もちろん、背骨(脊柱)にもバネの様な働きで上下運動を受け流せますが、バネはクランクシャフトはど効率よくは上下運動を受け流せん。前後左右にブレてしまいますからね。

バネ.jpg

つまり、骨盤の動きが阻害されると、その上の背骨(脊柱)をバネの様に揺れながら上下運動を受け流すようになり、背骨(脊柱)に負担をかけてしまいます。

骨盤のバランスと動きを正常化させることで、腰痛や肩こりにならないように予防につながると考える理由の一つです。

これが、骨盤調整にこだわる理由 1です。

余談ですが…
最近は、二足歩行ロボットが簡単に買えるようになってきましたね~[わーい(嬉しい顔)]出来たら私も欲しいのですが…気になることが。

歩き方が変じゃないですか?安いロボットからホンダやトヨタの高額なロボットまで。

膝をすごく曲げて、すり足の様な歩き方…あれが、どうしても気になるんですよね~

膝を曲げることで、上下運動を吸収させ安定感を持たせているのは解るんですが…
色々なロボットを見ても足が体幹の真下にあるので地面からの突き上げを吸収出来ないんだと思います。
左右に股関節が動くことでバランスを取っていることは解るのですが…(ガンダムの様なロボットの実現は無理そうだな~[もうやだ~(悲しい顔)]

素人考えですが…きっと、骨盤の様な物を関節工学的にメカニカルに作れば、地面の突き上げが減り前後左右のブレ幅も減るので、もっと安定感のある二足歩行ができるんじゃなかと思います。その分、膝関節部分や股関節部分の補正の動きも軽くて済むと思います。今だと、ロボットが押されたとき倒れるか、大幅によろけてしまってますもんね。

今の二足歩行ロボットの動きから学べることもあります。

身体を直立で安定させるために、膝を曲げることです。

試に、電車で立っているとき膝を軽く落として見てください。かなり安定するので、つり革につかまる必要が無くなります。

腰が痛いときも、膝を落とすと楽に動けますよ![わーい(嬉しい顔)]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。